医学部に入るための予備校の学費を知っておこう

学生にとって使えるサイト

ノートと筆記用具

エフラボでは多くの教授を紹介していて、理工学の研究分野について詳しい情報を知ることもできます。進学前の学生にとっては貴重な情報収集の場となりますので、活用して将来の夢ややりたい研究などを見つけるようにしましょう。

もっと知ろう

大学進学を目指す方法

教師

奈良の家庭教師はマンツーマンによる学習が出来るのが人気の理由で、質問などもマンツーマンなので気軽に行えます。そして、注意することは家庭教室の品質をよく見て選ぶことと、勉強する科目を絞っていくことです。

もっと知ろう

今、なぜ通信制なのか

勉学

今、東京都内で通信制高校の数が増加しています。これまでのサポート校が通信制へ格上げしているためです。そのような通信制高校では、様々な悩みを持った生徒や保護者に寄り添う姿勢を見せています。教師や医療関係者の親身な姿勢により、通信制への転入も増えています。

もっと知ろう

自分に合う学校の選び方

勉強

体験入学を活用しよう

医学部系の予備校は一般の予備校に比べると授業料が高めです。学費が高い分、医学部進学のためのノウハウを持つ講師から丁寧な指導を受けられたり、同じ目標をもつ学生たちと刺激し合える環境で学べる利点があります。医学部系予備校の学費が高くても国立の医学部に合格できれば、高い授業料も無駄ではなかったと思えるかもしれません。ただし、いくら口コミなどの評判がよい予備校でも、自分に合わなければ、合格できる可能性は低くなります。事前に体験入学で授業を受けたり、校内を見学して、雰囲気が自分に合いそうか確認した方が良いでしょう。少しでも学費を抑えたいのであれば特待生度を利用するという方法もあります。数多くの予備校が特待生度を用意しています。

特待生度で授業料を抑える

特待制度とは、成績優秀な学生に対し、授業料の一部を免除するというものです。一般コースの場合は、学費は200万円〜500万円程度が相場ですが、特待生度では100万〜200万円が全国平均の相場となっており、特待生度であれば、大分学費を節約できます。特待生度で選ばれた人たちのクラスでは優秀な生徒が多いため、合格率も高くなり、メリットが大きいです。学費が安いこと、自分に雰囲気が合うことも重要ですが、合格のために何年もかかるようだと意味がありません。なるべく1年で合格できる予備校を選ぶべきです。学費に見合うサポートが受けられる予備校を自分の目で見極めることが大切です。費用も年間授業料の他に別途費用がかかるところもあります。必ず事前に確認した方が良いでしょう。